トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

怪我・障害一覧

電話

メール

メニュー

怪我・障害一覧

膝内側側副靭帯損傷(MCL損傷)

【膝内側側副靭帯(MCL)とは】

 

膝内側側副靭帯とは膝の内側にある靭帯で、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)を繋ぎ膝の外反動作(膝が内側へ入る動作)を制動している靭帯です。英語表記の略でMCLと呼ばれることも多いです。

幅広く薄い靭帯なので、スポーツ動作時の外反強制などで受傷しやすく比較的広範囲に痛みを生じることがあります

 

【膝内側側副靭帯損傷について】

 

ジャンプの着地やストップ動作、スライディング、タックルなどで膝が内側に捻られると、引き千切られるように受傷します。

痛みは大腿骨付着部や脛骨付着部、靭帯実質部などに生じ、損傷部位は圧痛が認められ、膝外反動作で痛みが再現されやすいので、比較的容易に診断されますが、確定診断にはMRIが用いられます。

受傷肢位により、半月板損傷や前十字靭帯損傷を合併していることもあります。

 

【膝内側側副靭帯損傷の治療・リハビリについて】

 

靭帯損傷ですので、安静により靭帯の修復が必要になりますが、損傷程度によってはある程度の運動は痛みが出ないため、幹部外や膝周囲の筋力トレーニングを行なっていきます。

スポーツ動作における膝外反ポジションやニーイン・トーアウト姿勢で内側側副靭帯に負担がかかりやすいので、そういった動作にならないような動きの学習や股関節周囲の筋力トレーニング、体幹トレーニングが必要になります。

また低出力超音波治療も靭帯の修復に有効ですのでなるべく高頻度で治療すると良いでしょう。

 

 

プラストレーナーズでは、スポーツ選手でも一般の方でも回復までしっかりサポート致しますので、お困りの方はお早めにご相談ください。

 

メールでのお問い合わせ

上部に戻る

ご予約・お問い合わせ

052-842-8499

14:00~21:00(不定休)

メールでのお問い合わせ

上部に戻る