トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

怪我・障害一覧

電話

メール

メニュー

怪我・障害一覧

シーバー病(踵骨骨端症)

シーバー病(踵骨骨端症)とは、10歳前後に起こりやすいスポーツ障害で、踵骨(かかとの骨)の骨端線(成長線)がアキレス腱の牽引力により刺激され痛みを生じる障害です。

通常であれば痛みを生じることはない踵骨の骨端線ですが、運動量が多すぎる場合、アキレス腱や下腿三頭筋の硬さがある場合、姿勢が悪く常に負担がかかっている場合などは、特別な誘因なく痛みを生じます。

 

治療としては局所のアイシング、下腿三頭筋やアキレス腱のストレッチ、姿勢改善、スポーツ動作改善を中心に行い、ヒールアップと言ってかかとを少し高くしたインソールを処方することもあります。

また、低出力超音波療法(LIPUS)も有効で、痛みがある期間は毎日でも照射することをおすすめしています。

 

 

気になる症状のある方はお早めにご相談ください。

正しいコンディショニングにより早期回復が可能なケースが多いです。

 

メールでのお問い合わせ

上部に戻る

ご予約・お問い合わせ

052-842-8499

14:00~21:00(不定休)

メールでのお問い合わせ

上部に戻る