トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

ピッチングフォームチェック

ピッチングフォームチェック

ピッチングフォームチェック!

人によって異なる自分だけのフォームポイント!?

ピッチングフォームはポジションを問わず、野球肩や野球肘などの投球障害とパフォーマンスに大きな影響を与えます。

身体に良いスムーズなフォームであればケガもしにくく高いパフォーマンスが発揮出来ますが、フォームが悪いと結果が出ないばかりかケガにつながってしまいます。

ピッチングフォームに関しては、指導者によって考え方が様々であり指導法も異なるばかりか、残念ながら間違った身体の使い方を指導されているケースも多く、その間違ったフォームが肩や肘の痛みを誘発しパフォーマンスを低下させていることも少なくありません。

よく「型にはめるな」とか「個性を大事に」と言いますがケガをしてしまったりポテンシャルを引き出せなければ意味はありません。

ボールを投げるのは人間であり、「ヒトのカラダが最も力を発揮しやすく、関節に負担の少ないフォーム」というポイントが存在します。

実際にプロ野球選手を見ても、あれだけ色々なピッチングフォームの選手がいる中で、ほぼ全選手がそのポイントはクリアしています。これは「型にはめる」わけではなく、そのポイントはクリアした上で選手の身体機能やプレースタイルに合わせたフォームを習得してくことで「パフォーマンス」にも「障害予防」にも良い最適なフォームとなります。

また、高いパフォーマンスを発揮し負担の少ないピッチング・スローイングフォームには「股関節」や「肩甲骨」「体幹」などの筋力や柔軟性が必要不可欠です。チームなどでフォーム指導を受けてもなかなか思い通りいかない原因はここにあります。

いくら良いフォームを教えてもらっても、自分で投げたいフォームが素晴らしいイメージがあっても、必要な柔軟性や筋力がないままでフォーム改造に取り組んでも意味がありません。ですのでプラストレーナーズではそういった柔軟性アップや筋力アップのためのストレッチやトレーニング指導も行い、選手として総合的なレベルアップを目指します。

プラストレーナーズなら

投球フォーム指導はプロ野球選手から小学生まで、延べ2,000人以上の指導実績がございます。

野球教室やスポーツ塾などでよくありがちな野球指導者・コーチによる「経験や勘に頼った指導」ではなく、ピッチング・スローイングメカニズムを熟知した「人間の身体・動きのプロ」として「科学的、機能解剖学的に説明出来る指導」をしておりますので、どんなレベルの選手でも故障中の選手でも安心してお任せください。ピッチングフォームの改善に必要な股関節や肩甲骨などの柔軟性・筋力アップにも取り組みます。

  • 野球肩や野球肘が治らない
  • 肘が上がらない
  • インステップを治したい
  • 肩が開く
  • コントロールを良くしたい
  • 長いイニングを投げ切りたい
  • ボールのスピードや切れをアップしたい などなど

プラストレーナーズはピッチャーだけでなく全てのポジションもOKです。もちろんバッティングについての指導もOKなので私達と一緒に野球の上達を目指しましょう!

  • メニュー・料金について
メールでのお問い合わせ

上部に戻る