トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

怪我・障害一覧

電話

メール

メニュー

怪我・障害一覧

有痛性外脛骨

有痛性外脛骨とは、内くるぶしの下やや前方に痛みを生じるスポーツ障害です。

外脛骨というのは舟状骨(足の中の骨)の内側と後脛骨筋腱の中にある骨で、通常であればスポーツを行っても痛みを生じることは少ないため特に問題はないのですが、扁平足など足部が回内している(内側に倒れ込む)状態でスポーツ動作を繰り返し行うと、後脛骨筋に過度な負担がかかり外脛骨部で痛みを生じてしまいます。

軽度であればスポーツ動作後に痛みを感じる程度ですが、ひどくなると歩くだけでも痛かったり少し触れただけでも痛むようになることがあります。

 

治療としては基本的に保存療法で治癒します。

運動後のアイシングやシップなど消炎鎮痛剤の使用も有効ですが、痛みを生じる要因として扁平足があることが多いので、インソールを作成し足部の過度な回内を抑えることで外脛骨部への負担を軽減することが非常に効果的です。

個人差はありますが、足部の過回内が大きな原因となっているケースではインソールを着用することで即時的に痛みが引くこともあります。

また、低出力超音波療法(LIPUS)も有効で、痛みがある期間は毎日でも照射することをおすすめしています。

 

 

気になる症状のある方はお早めにご相談ください。

正しいコンディショニングにより早期回復が可能なケースが多いです。

 

メールでのお問い合わせ

上部に戻る

ご予約・お問い合わせ

052-842-8499

14:00~21:00(不定休)

メールでのお問い合わせ

上部に戻る