トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

怪我・障害一覧

電話

メール

メニュー

怪我・障害一覧

半月板損傷

半月板(はんげつばん)とは、膝の関節内にある組織で、太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)との間でクッション材のような役割をしています。

また、膝の曲げ伸ばしの際は大きく移動し、スムーズな膝の動きにも役立っています。半月板は内側と外側に一つずつあり、それぞれが月のような形をしているためこう呼ばれています。

 

【半月板損傷の原因】

 

半月板損傷の多くは、膝が捻られることにより起こります。サッカーで軸足にタックルを受けたり野球のスライディングを失敗したりジャンプの着地を失敗したりというように大きな外力による場合も多いですが、ゴルフなどのスポーツでも小さな捻る力が繰り返し加わることで傷ついてしまうこともあります。

 

 

【半月板損傷の症状】

 

膝を曲げ伸ばししたり体重をかけたりすると痛む場合や、ひどい損傷では膝がロックしてしまって動かせなくなる(ロッキングする)ことがあります。

急性期では腫れる(水が溜まる)ことも多くあります。

 

【半月板損傷の治療やリハビリ】

 

損傷の程度がひどい場合や痛みが強い場合は手術が行われますが、多くの場合は保存療法で復帰が可能で、受傷後の腫れがある場合はしっかりアイシングと圧迫を行い腫れを取り除いたうえで、膝の可動域訓練、筋力トレーニングを行っていきます

股関節や足関節、体幹などの患部外のコンディショニング&トレーニングも重要となり、フォーム改善も行います。

 

「半月板損傷=手術でしか治らない」というようなイメージがあるかもしれませんが、保存療法で競技復帰可能ですので慎重に判断する必要があります。

 

 

 

メールでのお問い合わせ

上部に戻る

ご予約・お問い合わせ

052-842-8499

14:00~21:00(不定休)

メールでのお問い合わせ

上部に戻る