トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

怪我・障害一覧

電話

メール

メニュー

怪我・障害一覧

オスグッド・シュラッター病

オスグッド・シュラッター病は、小学生高学年から中学生といった成長期に起こるスポーツ障害の1つで、脛骨(膝下のスネの骨)が膝蓋靭帯(お皿の下の靭帯)に引っ張られて炎症や剥離骨折を起こした状態です。

一般整形外科の診断では成長痛と言われることもあるようですが、単なる成長痛ではなく「スポーツ障害」の一つですので放置してもなかなか治癒しない事も多くあり、注意が必要です。

サッカー選手に多く、ボールを蹴る利き足より軸足側に多いのが特徴です。

走る量の多い野球やジャンプの多いバスケットボールやバレーボール選手にも多く発症します。

 

 

【主な症状】

 

膝のお皿の下の痛み

走ったりジャンプ動作、スクワットなどで痛む

しゃがむと痛い

重症化すると曲げるだけでも痛む

圧痛が強く、酷い場合は骨が隆起してくる

 

 

【主な原因】

 

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の柔軟性低下

大腿筋膜張筋(股関節から太ももの外側の筋肉)の柔軟性低下

姿勢不良(後方重心)

 

 

【リハビリ、コンディショニング】

 

上記筋群の柔軟性向上(ストレッチ、マッサージ)

重心位置改善

立ち方や姿勢、ランニングフォームなど動作改善

超音波治療(低出力超音波は非常に効果的です。当院にありますのでご相談ください。)

 

 

重症化すると競技復帰までにかなりの日数(数ヶ月〜年単位)を要することもありますので、早い段階でのコンディショニングが必要になります。ごく小さな骨折が起こっていることが多いので、成長痛と判断し無理してしまうことは禁物です。

成長期で膝の痛みが気になる、なかなか良くならない選手は、お早めにご相談ください。

 

オスグッド・シュラッター病に効果的なストレッチはこちら

 

メールでのお問い合わせ

上部に戻る

ご予約・お問い合わせ

052-842-8499

14:00~21:00(不定休)

メールでのお問い合わせ

上部に戻る