トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

怪我・障害一覧

電話

メール

メニュー

怪我・障害一覧

リトルリーグ肘

リトルリーグ肘(リトルリーガーズ・エルボー、上腕骨遠位骨端線損傷)とは、野球肘の1つでピッチングやスローイングなどの負荷によって肘の内側に痛みを生じるケガのことです。

肘の内側に痛みを生じる野球肘は他にも『肘内側側副靱帯損傷』や『剥離骨折』『屈筋群損傷』などがありますが、リトルリーグ肘は成長軟骨に障害が生じる成長期特有の野球肘です。

 

 

【リトルリーグ肘の症状】

 

■ ボールを投げると肘の内側が痛む

■ 重症だとバットを振っても痛むことや、肘の曲げ伸ばしだけでも痛むこともあります

 

 

【リトルリーグ肘の病態】

 

リトルリーグ肘は先述したように「成長軟骨」の障害で、正式には『上腕骨遠位骨端線損傷』と言い、上腕骨の骨端線が投球負荷により離開してしまった状態です。

正しくリハビリを行えば問題なく競技復帰可能ですが、無理をしてプレーを継続したり再発を繰り返すと骨の成長に支障をきたすこともあるため注意が必要です。

 

 

【リトルリーグ肘の原因】

 

リトルリーグ肘は、他の野球肘と同様に以下のような原因が考えられます。

 

■ 投げ過ぎ

投球数、連投、投手と捕手の掛け持ちなど

 

■ フォーム不良

股関節や体幹機能不全が背景にある場合が多いです

 

■ ストレッチなどのコンディショニング不足

 

 

【リトルリーグ肘のリハビリ/コンディショニング】

 

リトルリーグ肘は骨端線の損傷であるため、骨端線の組織を治癒させるためには局所的な安静が必要となります。骨端線組織の治癒促進には低出力超音波が有効であるため、超音波治療も行うと効果的です。

 

また骨端線の治癒を待つ間に以下のようなコンディショニングを行う必要があります。

 

肘周囲の筋肉のマッサージ、ストレッチ、筋力トレーニング

肩関節のストレッチ、筋力トレーニング

■ 肩甲骨や胸郭のストレッチ

■ 股関節のストレッチ、筋力トレーニング

■ 投球フォームの修正

 

 

リトルリーグ肘は正しくリハビリやコンディショニングを行なっていけば問題なく競技復帰できますが、肘以外のコンディションがよくないまま、または投球フォームが良くないまま競技復帰すると、再発してしまうリスクが高いので注意が必要です。

 

リトルリーグ肘と診断された、または肘の内側の痛みが気になるという選手はお早めにプラストレーナーズまでご相談ください。

 

メールでのお問い合わせ

上部に戻る

ご予約・お問い合わせ

052-842-8499

14:00~21:00(不定休)

メールでのお問い合わせ

上部に戻る