トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

怪我・障害一覧

電話

メール

メニュー

怪我・障害一覧

リトルリーグ肩・上腕骨骨端線損傷

リトルリーグ肩(リトルリーガーズショルダー)は、正しくは上腕骨近位骨端線損傷というスポーツ障害で、野球選手が上腕骨近位骨端線損傷を生じるとリトルリーグ肩と呼ばれます。

上腕骨近位骨端線損傷は野球のようなスローイングスポーツの選手だけでなく、肩を酷使するスポーツ(器械体操など)の選手ではよく起こる障害です。

 

 

【上腕骨近位骨端線とは】

 

上腕骨は肩から肘までの骨のこと
近位とは身体の中心に近い部位のこと
骨端線は成長軟骨があり骨の成長が起こる部分のことで、骨の端っこ(両側)に線状にあるのでそう呼ばれています。

 

 

【上腕骨近位骨端線損傷の病態】

 

骨端線になんらかの負担がかかり、炎症が生じたり、ひどい場合では骨端線が離開してしまいます。

離開が起こり、そのまま放置されると骨の成長に影響を与えることがあります。

 

 

【リトルリーグ肩・上腕骨近位骨端線損傷の原因】

 

野球選手ではボールを投げることが原因となっているケースがほとんどで、その他のスポーツでは激しく手をついたり引っ張られたりすることで起こります。

野球選手などの場合は、投球フォームの問題や肩や肩甲骨の柔軟性・筋力の問題、体幹や股関節の柔軟性・筋力の問題が背景にあります。

 

 

【リハビリ・治療(病院や接骨院)】

 

安静や湿布が処方されます。医師がスポーツ障害に詳しくないと成長痛と言われてしますこともあるようです。

接骨院では電気や超音波治療、アイシング、ホットパックなどが行われます。

 

 

【リハビリ・治療(プラストレーナーズ)】

 

病院や接骨院で行われている治療も必要ですが、根本的な原因(野球選手などであれば投球フォームの問題や肩や肩甲骨の柔軟性・筋力の問題、体幹や股関節の柔軟性・筋力の問題)に対してもアプローチします。

 

 

リトルリーグ肩・上腕骨近位骨端線損傷でお困りの方、わからないことがあり心配な方はお気軽にご相談ください。

病院や接骨院で治療を受けられていても並行してコンディショニング&トレーニングを行なっていくと効果的です。

 

 

 

メールでのお問い合わせ

上部に戻る

ご予約・お問い合わせ

052-842-8499

14:00~21:00(不定休)

メールでのお問い合わせ

上部に戻る