トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

スポーツ種目

電話

メール

メニュー

スポーツ種目

ハンドボール

ハンドボールは、投げる、飛ぶ、当たる、といったプレーが必要とされる数少ない非常に過酷なスポーツで、その競技特性からフィジカル面(身体的)の強さが競技パフォーマンスに直結します。

また、同じく競技特性から肩や膝などのスポーツ障害が多く、正しいケアやトレーニングにより予防することが大切です。

 

【ハンドボールに多いスポーツ障害】

 

肩:腱板炎、上腕二頭筋腱炎、関節唇損傷、肩関節脱臼・亜脱臼
腰:腰椎分離症、腰痛症
膝:ジャンパーズニー、半月板損傷、前十字靭帯損傷、内側側副靭帯損傷、オスグッド
足:前距腓靭帯損傷、アキレス腱炎、足底筋膜炎

 

 

【コンディショニング&トレーニングメニュー】

 

※ 必要に応じてプログラムを組みます

1. 股関節や肩甲骨の可動域改善

シュートをはじめとするスローイング、ストップ、ジャンプ、フットワークなどあらゆる動作で柔軟性は必要となります。

また柔軟性が足りないことで起こるスポーツ障害も多いため、ケガの予防やリハビリにも必要です。

 

 

2. ホグレルを用いた筋神経機能改善

力の入れ方(筋肉のon-offの切り替え)を覚えることで、しなやかな動きを習得できます。

専門的にはストレッチ・ショートニング・サイクルと言いますが、筋肉が一番、力を発揮しやすいタイミングで身体を動かすことを覚えます。

また、ホグレルは柔軟性の改善にも非常に高い効果があります。

 

3. 体幹(コア)トレーニング

コアの安定性を高めることで下肢で発揮したパワーをロスなく上肢に伝えることができます。

ジャンプした空中での姿勢保持や、フェイント、アンバランスな体勢でのプレー、ディフェンスやオフェンス時に当たり負けしないために必要になります。

また、腰椎分離症などの場合、腰への負担軽減に必要不可欠となります。

 

 

4. 筋力トレーニング

股関節や体幹を中心に、選手にとって競技パフォーマンス向上のため、またはスポーツ障害の治療や予防に必要となる部位の筋力アップを図ります。ウエイトやメディシンボールなどで負荷をかけたり、レッドコードを使ったトレーニングも非常に効果的です。

基礎体力強化としてのウエイトトレーニングも行いますが、ウエイトトレーニングも可動域を大きく使い関節の動きを意識して行うため、柔軟性が損なわれたりケガをする心配はありません。

 

5. コンディショニング・リハビリ

練習や試合の疲れなどで痛みや張りがある場合、またはスポーツ障害を起こしてしまっている場合はストレッチやマッサージなどコンディショニングを行います。

なぜそういった症状が出るのかを突き止め、予防となるトレーニングやエクササイズも行います。

 

 

プラストレーナーズの指導実績

 

☆日本リーグ所属選手のパーソナルトレーニング

☆中学生選手のパフォーマンスアップトレーニング

☆腰椎分離症、オスグッド等のリハビリコンディショニング

 

 

【その他】

パフォーマンスアップや下肢スポーツ障害の予防・治療のためにオーダーインソールの作成も行っております。

 

 

 

メールでのお問い合わせ

上部に戻る

ご予約・お問い合わせ

052-842-8499

14:00~21:00(不定休)

メールでのお問い合わせ

上部に戻る