トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

怪我・障害一覧

電話

メール

メニュー

怪我・障害一覧

筋筋膜性腰痛

筋筋膜性腰痛とは、脊柱起立筋や多裂筋といった腰の筋肉の炎症や拘縮により痛みが生じる腰痛のことです。

筋肉が原因の腰痛ですので、椎間板や腰椎に障害はありませんが、椎間板ヘルニアなどと併発することは考えられます。

 

一般的に筋筋膜性腰痛は、前屈すると筋肉が伸ばされるために痛みが生じ、後屈は痛くないことが特徴です。

また臀部や下肢の痛みが伴うことは少なく、原因となっている筋肉周辺に限局する痛みがあります。

 

治療としてはマッサージやストレッチ、超音波治療器などで硬くなっている筋肉をほぐすことが必要になりますが、急性期で炎症が強い場合はアイシングも効果的です。

 

 

また、多くのケースでハムストリングスや臀筋群といった股関節周囲の筋肉の硬さがあり、股関節が十分に使えないために腰に痛みが生じていることが原因となっていますので、股関節周りの柔軟性を獲得し十分に使える状態に整えておくことが大切です。

メールでのお問い合わせ

上部に戻る

ご予約・お問い合わせ

052-842-8499

14:00~21:00(不定休)

メールでのお問い合わせ

上部に戻る