トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

怪我・障害一覧

電話

メール

メニュー

怪我・障害一覧

肩関節唇損傷・スラップ損傷

肩関節唇損傷・スラップ損傷(SLAP lesion)とは、野球やハンドボール、テニスのような肩をよく使うスポーツで発症しやすいスポーツ障害の一つです。野球選手の肩関節唇損傷は野球肩に含まれます。

 

【肩関節唇・SLAPとは】

 

肩関節唇(かたかんせつしん)とは、いわゆる肩関節(肩甲上腕関節:肩甲骨と上腕骨で形成される関節)を形成する肩甲骨関節面の周囲を囲むようにある組織で、肩関節の安定性を高める役割があるとされています。

肩甲上腕関節はよくゴルフのティーとボールに例えられます。肩甲骨がティーで上腕骨がボールに当たりますが、受け皿である肩甲骨面が非常に小さく不安定であるために肩関節唇が存在しパッキンのような役割を果たし安定性を高めているのです。

SLAPとは、Superior Labrum Anterior and Posteriorの頭文字をとったもので、前後の上方関節唇という意味になります。 lesionは損傷という意味ですので、SLAP lesionで「前後の上方関節唇の損傷」となります。

 

 

【肩関節唇損傷・スラップ損傷の原因】

 

野球などのスポーツではテイクバックを大きくとって肩を強く張って投げるような動作や、フォロースルーなどで引っ張られる(引っこ抜かれる)ような動作などで受傷しやすいとされています。

また、強く手をついたり、コンタクトプレーで強く捻られたりしても受傷します。

 

 

【肩関節唇損傷・スラップ損傷の治療、リハビリ】

 

傷ついた関節唇自体はリハビリなど保存療法で治すことは出来ません。
関節唇を治すには関節唇の修復手術が必要になります。

しかし、肩の痛みなく競技復帰することはリハビリを正しく行うことで十分可能です。

そのリハビリは、インナーマッスル(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)の柔軟性を高めて働きを良くすることと、肩甲骨を正しく動かせるようにすることが中心になります。

特に棘下筋と小円筋の柔軟性獲得は非常に重要なのですが、温めたり冷やしたりや電気治療や超音波治療だけではなかなか獲得しにくいため、専門的なリハビリが必要になります。

手術を受けると復帰まで1年以上を要するため、できるだけ保存療法により復帰を目指しますが、正しいリハビリを受けられずに手術を選択してしまうことが少なくないため注意が必要です。

また、スポーツ復帰にあたっては投球フォームの修正やスポーツ動作の改善にも取り組む必要があります。

 

 

プラストレーナーズでは、肩関節のリハビリと全身的な柔軟性を高めるためのコンディショニング、肩に負担のかからないフォーム・動作改善等を行い、競技復帰までサポートいたします。

お困りの方はお早めにご相談ください。

 

メールでのお問い合わせ

上部に戻る

ご予約・お問い合わせ

052-842-8499

14:00~21:00(不定休)

メールでのお問い合わせ

上部に戻る