トレーニングやリハビリ・治療をお考えの方はプラストレーナーズにお任せください!

058-253-5565 お問い合わせ
お問い合せはこちら
学生向け
一般向け

怪我・障害一覧

電話

メール

メニュー

怪我・障害一覧

腰痛症

腰痛症とは腰が痛いことそのものを示したもので、細かくは

 

筋筋膜性腰痛

椎間関節性腰痛

椎間板性腰痛

仙腸関節性腰痛

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎分離症

 

などの病態があります。

 

 

病態により痛みが出る動きが異なり、以下のような特徴があります。

前屈みが痛む:筋筋膜性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、椎間板性腰痛

反ると痛む:椎間関節性腰痛、椎間板性腰痛、腰椎分離症、仙腸関節性腰痛

太ももやふくらはぎなどが痺れる場合は腰椎椎間板ヘルニアが疑われます。

 

 

本来、腰は非常に動きの少ない関節と言われており、特に捻る動き(回旋)については腰椎はほとんど動いておらず、胸椎や股関節での動きが腰を捻っているように見えるだけです。

しかし、ハムストリングスや大腿四頭筋、殿筋群などの股関節周囲の筋肉が硬く、自由に股関節を動かせないと本来股関節が担っている運動を腰椎でカバーしなければならず、それが負担となり痛みを生じさせます。

同様に胸椎や胸郭が硬くても腰痛の原因となります。最近は猫背などの悪い姿勢から腰痛を引き起こしているケースも良くあります。

 

 

どの病態であっても、強い痛みによりスポーツを続けることが困難になることがありますが、患部のコンディショニングと股関節や胸椎、体幹などの患部外コンディショニング・トレーニングを行うことで痛みが軽減、消失し競技復帰が可能です。

 

メールでのお問い合わせ

上部に戻る

ご予約・お問い合わせ

052-842-8499

14:00~21:00(不定休)

メールでのお問い合わせ

上部に戻る